banner

スッキリ暮らす

私の親世代は昭和一桁の生まれ、昭和モダンという風潮の中で育った。西洋の物への憧れと慣れ親しんだ和風の暮らしのせめぎ合いの中から、和洋折衷の中途半端な内装がいつの間にか定着していた。日々の暮らしの中で子供ながらに「もう少しこうだったら良いのに!」と感じることが多かった。が、高度成長期のなかでの彼らとしては、精一杯の夢に近付く作業だったに違いない。いつか、自分の家を持ったら己の目標に近付こうと夢見てき...

続きを読む

和服のしきたりにしばられないで

私は今年50歳になりますが、私の学生時代には、入学式も卒業式も、全ての母親が着物姿で出席したものですが、近頃の母親は、ほとんどがシャネルスーツにパールネックレスというスタイルになってしまいました。つまり、今の私の前後の世代が親になってからのことです。ただ、みんなホントは着物が着たいけどわずらわしさが優先してしまってたのです。ところが最近、若い女性の着物姿をよく見かけます。安価なレンタルで着付けまで...

続きを読む

カジュアルとはなんでしょう?

私は実年齢より10歳程若く見られます。多分服装が自分で言うのもなんですが、若いからだと思います。でも、若く見られたくてそうしている訳ではなく、ただ着たい服を着ているだけです。そしてここ10年位は好きなブランドや好みが変わっていません。だから10歳若く見られるのでは!?と自分では思っています。若く見られるのでよく初めて会った人や店員さんに「なんでそんなに若いんですか?」と質問されますが、前は「そんな...

続きを読む

流行には一定のサイクルがある

マキシ丈ワンピースやチェックシャツなど様々な商品において、流行には一定のサイクルがあると感じています。一度流行った商品は何年か経つともう一度流行しているのです。だからわたしはその年に流行した商品は、もう来年流行らないから捨てるのではなく、また何年後かに流行が来ると思っているので、捨てずに取っています。もちろん流行ではなくいつでも着れる商品を買うのが一番無難で安くつくとは思っていますが、やはりいつで...

続きを読む

オークションでの落札・通販経験

初めてオークションで落札した商品がものすごく安かったのにとても気に入った。その後もはずれはあったものの店では見つけられないようなデザインの洋服なども手に入れることができた。通販ではネット通販が主で、自分の探している商品を探しやすいし、ほかの人がもっていないようなデザインのものを買うことができてうれしかった。今一番気に入っているのは名画のデザインの財布。雑誌やテレビなどで今年のはやりなどうたっている...

続きを読む

僕の好きな先生

僕は忘れられない先生がいる。中2で現国の「ガン」さん。名字が岩田で皆が岩のような顔から「ガン」さんと呼ぶ。とても現国を教えるタイプではないが何故かこの先生に出会ってから現国が好きになった。本を読む大切さ、文字の成り立ち、特に人によっての感受性についてはうれしいことがあった。ある詩を読んだとき大勢明るい詩と言われたが自分は悲しい詩と回答した。皆の前で間違えではないと言われ安心した自己中心的な行動、発...

続きを読む

フランス郊外

パリには語学留学で二ヶ月間滞在しました。とても素敵な街で、学校終了後いつも観光マップ片手に電車を乗り継いでいろいろな場所へ行きました。遠出は少し怖かったので、ほとんどパリの街中を散策する形でした。フランスにはパリ以外にもニースやワインの有名なブルゴーニュ地方などたくさん魅力的な場所があります。そんなフランスの魅力をもう少し知りたいなと思います。最近ヨーロッパへの旅行は珍しくもなく、ヨーロッパ独特の...

続きを読む

実家を建てた時のこと

5人家族の我が家は狭いながらも私が19歳の時まで市営住宅に住んでいて父が某住宅会社でマイホームを購入して市営団地から引っ越しました。建築の高校へ通い卒業後も建築関係の仕事に携わっていながら建設中に足を運ぶことがなく建ってしまい外装や内装の事に口を出すことはありませんでした。いろいろ勉強するには丁度良い機会だったのですが忙しいのを理由に見に行かなかったことを後で後悔しました。結婚して3年目で2人目妊...

続きを読む

アパレル店員での経験

数年前、アパレル店員として働いていました。色々なお客様が来る中、ある親子連れのお客様が来ました。女の子はピンク色・赤色と言った女の子らしい色が嫌いで親御さんは、それに悩んでいるというご相談を受けました。私自身、小学生の時ピンク色などが嫌いで青色など男の子が着るような色が好きだったと言い、今はちょっとしたピンク色が入っている洋服なら着れるようになりましたと言いました。その後、親御さんの意見も聞き入れ...

続きを読む

1

関連リンク